流浪の民の読書手帖

しがないラノベ読みによるブログ

タタの魔法使い(うーぱー著/電撃文庫刊)

第24回電撃大賞 大賞受賞作

ここ数年は受賞作は読むようにしているので遅くなりましたが読みました。

まずはあらすじから。

 

2015年7月22日12時20分。弘橋高校1年A組の教室に異世界の魔法使いを名乗る謎の女性、タタが突如出現した。後に童話になぞらえ「ハメルンの笛吹事件」と呼ばれるようになった公立高校消失事件の発端である。「私は、この学校にいる全ての人の願いを叶えることにしました」魔法使いの宣言により、中学校の卒業文集に書かれた全校生徒の「将来の夢」が全て実現。あらゆる願いが叶った世界―しかしそれは、やがて犠牲者200名超を出すことになるサバイバルの幕開けだった。第24回電撃小説大賞にて“大賞”を受賞した、迫真の異世界ドキュメント。

 正直イマイチでした。

今年は大賞以外もなんか小粒感否めないんだよなあ……。

 

まあそういう年もあるか。

 

 姉のヒアリングによるドキュメンタリー形式っていう点は百歩譲っていいとしても、

当事者じゃないから臨場感がないっていうのはどうなんだろうね。

タタの登場シーンとか異世界に飛ばされたシーンとかいろいろとアッサリしすぎだし。

 

P20に”異世界に来たと実感したものはごく少数だった。”ってあるのはまあいい。

でも次の”軍人の存在を訝しむより先に、自分の願いも叶ったのかと~”っていうのが

納得いかない。

教室に現れた時、「これから願いを叶えます」ってひとこと言っただけなのに

異世界行ったらすぐ、願いが云々言ってるのはなんなの。

もっと他に言うことあるでしょ。

異世界に来たと実感したものは少数だったのに、

タタがサラッと言った一言よく本気にしたな。

 

あとこれ中学の卒業文集に「将来の夢」として書く内容じゃないよね?

「もし願いが1つだけ叶うなら?」とかそういうやつだよね?

ラストの願いを捨てろってやつもselector infected WIXOSSみたいな

もっと悲壮感溢れるシリアス展開になるのかと思ったらめっちゃアッサリ。

 

キャラが多すぎる・クローズアップされるキャラがころころ変わるっていうのは

バトル・ロワイヤルみたいで割と嫌いじゃないけど、

みんながみんな名前が普通すぎて覚えにくかった。

ていうかバトル・ロワイヤルは1クラスだからな……

学校全体でやられると結構ツライものあるよね。

 

前回、前々回と良作が続いてたからがっかりだったなー。

なんかこう……ひとことで言うと釈然としない小説だった。

GW終わったよ!

今週のお題ゴールデンウィーク2018」

 

どうもユーさです。

今年のGWはですね。なんと出掛けたんですよ。車で。

GWに出掛けたの初めてじゃないかなって感じなんですけども。

 

4月28、30日は普通に授業があったので

月曜日なんか

(なんで祝日なのに学校行かなあかんねん……)

と思いながら学校行きましたけど。

 

でも4連休っていうのはすごいよね。

3日は記憶がないけど、4日は出掛けました。

最初はIKEAに行こうと思ってたんだけど、

高速道路の降り口がめっっっちゃ混んでて、

そのまま先に進みました。

 

で。やってきました、横浜!

めっちゃ人多い! 特に中華街!

あっちもこっちも行列だし……

よくニュースでやってるGWは存在したんや! って感じでした。

 

大桟橋にピースボート来てました。

f:id:yuusa0128:20180504124435j:plain

船の名前はオーシャン・ドリーム。でっかいっすね。f:id:yuusa0128:20180504124506j:plain

こちらがスター・レジェンド。全室スイートルームだそうです。

なのでオーシャン・ドリームと比べると小さいよ!

f:id:yuusa0128:20180504124459j:plain

f:id:yuusa0128:20180504124646j:plain

いい天気でした。

 

5日は朝から晩までAXNミステリーで「SHERLOCK」見てました。

日本語より英語聞いてた時間のほうが長かったよね、コレ。

あとシーズン4の字幕版初めて見たけど、ベネさんのセリフ量ハンパないな。

 

6日はフジテレビTwoで「アリアドネの弾丸」全話見ました。

バチスタシリーズはやっぱり面白い。

ミス・シャーロックとIQ246

実を言うとワタクシ、4月16日にこちらのイベントに行ってきたのです。

 

www.oricon.co.jp

ほとぼりが冷めてから正式な配信日が過ぎてからちゃんと感想書こうと思ったので

遅くなりましたが吐き出させていただきます。

……感想調べてもアフィブログ?みたいなやつしか出てこなくて本当に見てる人いるのかな……

 

最初この作品が作られるって話聞いたとき、

「流行りに乗っかっただけで、どーせ日本で作ったのなんて大したことないんでしょ」

って思ってました。

で、イベント当たった方とご縁があり一緒に行かせていただけることになったんです。

この時は「意外と大々的にイベントやるんだな……。案外ちゃんとしてるのかも……」なんて思って、せっかくだから見に行こうと思ったのです。

 

いや、脚本家5人とか監督3人とかヤバそうだなとは思ってたんですよ。

今期の「モンテ・クリスト伯」もなにがどうして日本で巌窟王やることになっちゃったんだ感ハンパないですけど、これも大概でした。

 

※ここからネタバレ注意※

 

日本のドラマに期待した私がバカだった

 

まず映画館で見たからか知らないけど、映像が薄ぼんやりしてる。見づらい。

ていうか全体的になーんか薄ぼんやりしてるドラマだよなあ……。

 

内容的には緋色の研究……的な何か、なんだろうけど

これなら「IQ246〜華麗なる事件簿〜」の2話の方が断然楽しめたしよくできてた。

名前のもじりもあっちの方が上手かったよなあ。和藤 奏子とか。

いやまさかあのドラマの方がマシだったとかいう日が来るなんて驚きなんですけど。

 

もうツッコミどころ多すぎて見てるうちに忘れちゃってるから何とも言えないけど

これだけは言わせてほしい。

シャーロック、全然推理してなくね……?

和都の「アフガニスタンに行っていましたね?」だけじゃね?

それもなんかキレがないっていうか……。

あと最後の爆薬、シャーロックが止めるんだろうなーと思ってたら

「ハッ! いけない!」とか言ってて笑ったわ。助けられないんかーい!

犯人が飲んでるだろうなって私でもわかりましたけど!? (セリフは適当です)

 

見た後で真っ先に思ったのは

「45分……短いな……(遠い目)」

でした。

 

とりあえず役者さんはよかった。

竹内結子いいよね。

 

文句の付けようがないラブコメ 2巻まで感想

次回、学園編後編ってなってるから3巻まで読むのが正解だったんですかね。

まあとにかく2巻まで感想書きます。

 “千年を生きる神”神鳴沢セカイは、銀髪赤眼の美少女。世間知らずで尊大で、見た目は幼いのに酒と葉巻をたしなみ、一日中お屋敷で本を読んで過ごしている。彼女の“生贄”として捧げられた高校生・桐島ユウキ。『生贄になる代わりに何でも言うことを聞いてやろう』と言われた彼はこう願い出た―「神鳴沢セカイさん。俺と結婚してください」。そして始まるふたりの生活だが―穏やかで他愛のない日々は、やがて世界が抱える恐るべき秘密によって狂い始めていく。どこまでも純粋な愛の喜劇。決して果てることのない物語がここに始まる!

 「いや~、これはエヴァ以来脈々と続くセカイ系ってやつだね」

とかそんなことはどうでもいいんですよ!!

 

”何度やり直すことになっても必ず君を救ってみせる”系!!

大好物なんで!! 久々にドストライクな本読むと嬉しいもんですね

3巻以降も楽しみです。

 

これはループものとはちょっと違うけど、

私的ナンバーワンラノベであるところの付喪堂骨董店に通ずるものがある。

この作品気に入った人は読んでほしい。

何言ってもネタバレになりそうで何も言えないけど。

(この世界はもう俺が救って富と権力を手に入れたし、女騎士や女魔王と城で楽しく暮らしてるから、俺以外の勇者は)もう異世界に来ないでください。(伊藤ヒロ著/MF文庫J刊)

タイトル長いわ!!(笑)

 

発売当初Twitterで見てて気になってたんだけど

読んでなかったので読みました。

 

まずはあらすじから

次の転生勇者はニート?居酒屋?自衛隊?全員絶対地球に追い返す!

【問】《地平》に新たな異世界勇者が現れました 【答】今すぐ地球に追い返せ! 死闘の末、異世界を救った俺はこれからの人生を勝手気ままに謳歌しようとしていた。だが、何故かその後も地球からの転生勇者がここ《地平》にわんさか湧いてきやがる。ふざけんな! この世界は俺のものだ! 女聖騎士も魔王の少女も、エルフも獣人も、一般人も、この世界にある全てのものは、絶対誰にも渡さない! ニート? チート? 居酒屋? 自衛隊? 誰が敵でも関係ねえ! 他の勇者は、絶対俺が地球に追い返す! 知恵と勇気とハッタリであらゆる異世界勇者を追い返す、ドタバタファンタジー開幕!

地球なめんなファンタジーならぬ、ファンタジーなめんな地球

作者は自分より頭の良いキャラを描けないってやつで、

その中で無双するためには異世界の知能レベルを下げざるを得ないんですよね

それでちょっと何かしただけで

「さすがです!」とか「至高の御方!」とかなるんでしょ?

(特定の作品のことを言っているわけではありません)

 

異世界にだって文化もあるし生活もあるし、

異世界人だって一人の人間なんだよなあ

イエスマンの舞台装置じゃない

 

あとなんだかMF文庫Jじゃなくて電撃文庫読んでる気分だった

ぱらぱら捲ってるだけだとMF文庫Jだなってわかるんだけど、

読んでるときは電撃文庫だった

なんだろ、文体? 中身?

DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 全26話期間限定無料配信!

ch.nicovideo.jp

あの神アニメ、DAKER THAN BLACKが期間限定無料配信だそうです。

放送は2007年からだから10周年なのは去年じゃね? と思わないでもない。

 

中二な設定にスタイリッシュなバトルを合わせた大人なアニメ。

ハードボイルド……って言っていいのかわからないけど、

心に染み渡るストーリーもスタイリッシュです。

2話完結っていうちょっと珍しい形態なのもイイ。見やすい。

 

とにかくこの機会にみんなに見てほしい。

ニコニコのアカウントがあれば簡単に見れるよ~

電撃文庫 春の祭典!

今年は春の祭典って名前じゃないんですね。

秋の方が大々的だしなあ……。

では今回も3つのトピックスについて。

 

1つ目!

dengekionline.com

めっちゃドキドキする。そうきたかって感じ。

キノに続きまたあおちゃんか、と思わないでもない。

……しかし電撃文庫は今2000何年を生きてるんだろうか。

新作もちゃんとやる上でなら、リバイバルも悪くはないと思うんだけどねー。

次は吸血鬼のおしごと!とかどうですか??

 

では2つ目。

dengekionline.com

これずっとアニメ化しそうだなーと思ってたんだけど、

新刊の刊行スピードが遅いって聞いてたから無理かなって思ってた。

……まあでも順当ですかね。

 

3つ目!

dengekionline.com

いいですか! 皆さん!

最後まで! 最後までやるそうです!!!

ほそやんも種ちゃんも戻ってきてるしいいんだけど……。

 

ストブラ、原作はめっちゃ好きだしアニメもまあまあなんだけど、

OVAシリーズさあ……。お色気を前面に打ち出してバトルはおざなりだし。

というか! 飛ばした7,8,10巻はどうするんですかねえ!!

セレスタには悪いけど10巻はともかく7,8巻は超重要な回じゃないですか。

原作でも一番クオリティが高くて面白いところだし。

しかもあそこやってないから浅葱が第四真祖のこと知らないまま

話進んでるのはどうするんだ。大丈夫なのか。

 

てなわけで、電撃文庫新作情報でした。