流浪の民のオタク道

しがないラノベ読みによるブログ

猫探偵はタマネギをかじる ニャーロック・ニャームズの名推理(著/宝島社文庫)&反時計回りのシャーロック(著/小学館文庫キャラブン!)

今年出たライト文芸シャーロック・ホームズもの2作品。さっそく行ってみよー!

 

・猫探偵はタマネギをかじる ニャーロック・ニャームズの名推理

野良猫として流浪していたニャトソンは、鰹が丘という街で理知的な猫・ニャームズと出会う。見事な推理をする彼に導かれ、ハリモトフジンに飼われることになったニャトソンは、キャッという間にニャームズのもとへ舞い込む事件に巻き込まれていく。動物たちの目を通して見ると、人間の世界は複雑怪奇に思えてくる。クールなニャームズと、語り部のニャトソンが贈る、ユーモアたっぷりの動物ミステリー。第6回ネット小説大賞受賞作品。

レビューサイトでは「誤字脱字が多い」だの「編集仕事しろ」だの言われてますが、

なろうだぞ? ……もう一度言う、なろうだぞ?

 

結構ホームズしてたとは思うし面白かったけど、読了後なにも残らなかった。

もう既に最初の方忘れてるわ。

 

・反時計回りのシャーロック

名門・英王学院に通う塔野仁は、父親の会社が倒産して極貧に。苦労知らずの級友たちは激変した仁に戸惑いを隠せない。そんな彼らのクラスに元人気俳優の神木律が編入してきた。人生をリセットするという律に、仁は共感をおぼえる。ある日、学校の古い図書館にきた仁と律は、特別書庫の扉が不思議な輝きを放つことに気づく。誘われるように扉をくぐると…そこはヴィクトリア朝のロンドン!?混乱する仁たちの前に諮問探偵の青年シャーロック・ホームズが現れて―。時空も現実も超えてシャーロックと出会った青年たちを描く冒険ミステリー!

もはやホームズものとすら言いたくない。

何もかもが寒すぎて体感温度が3度ぐらい下がったので、

夏に読むにはもってこいだと思います。

 

キャラブン!とかいう謎のライト文芸レーベル。

小学館

女性作家。

……という地雷の臭いしかしない地雷でしたが頑張って読んだ。

どうもこの作者の方、少女小説を書いてる方らしいです。どうりで。

うん、まあ私は読者として想定されてないんだな。わかるぞ。

 

なので想定されてない読者が読んだ感想です。悪しからず。

 まず、金持ちイケメンパラダイス学園と担任のキャラで、

読むのやめていい?ってなった。富裕層、富裕層うるせーーー!!

この辺りで私向けの小説じゃないことに気づく。

次に、ホームズが出てきて19世紀なのになんの説明もなく

「シャーロック」って名前で呼び出す。

あげく主人公が自分のことやたらシャーロキアンだと言い出す。どこがや。

主人公お前、シャーロキアンの意味わかって言ってんのか?

あと英語習っててよかったーとかそういうレベルじゃない英語力で草。

 

でも一番体感温度下がったのはホームズの外見描写。

背筋が凍りました。冷や水を浴びせかけられたようとはこのことだね!

しかも、襟立てるんかいっ!

 

事件なんかもはやどうでもいい……てかあれ事件なの? ってぐらいなんだけど、

最大の謎が最後の一行。

 

”ワトソンと出会う一年半前のことだった。”

 

は???

 

作中ではホームズはベーカー街に住んでますし、ハドソン夫人もいます。

そしてドイルの小説が出版されています。

にも関わらずワトソンのワの字もないから、

「そっかー。ドイルとホームズは実在してるけど、ワトソンはドイルが作った架空のキャラで、ホームズはホントは一人で事件解決してたってことなのかな」

ってひとり納得してたのです。

しかし! 最後の一行で全てが崩れた。

 

ホームズがワトソンと出会う前にベーカー街に住んでて、

もう既にドイルの小説が出版されている世界なんですよ。

つまり作中世界のホームズ小説にはホームズが一人でベーカー街に住み、

一人で事件解決してる話があるってことなのか。

 

それより、パラレルワールドかコナンの映画みたいなVRだったんじゃないの?

現実感のないヴィクトリア朝だったし。

 

あとなんであとがきないの? 作者がどんな気持ちでこれ書いたんだが知りたかった。

 

とりあえずこの作者は金持ちとイケメンが大好きなんだなってことは理解した。

もはやホームズ要素1ミリもなし!

ダイヤモンドプリンセスで日本一周してきました。悠紗です。

この3連休で旅行記的なものを書こうかと思っています。

 

が! 今日の話題はこちら。

mdpr.jp

 

もはやホームズ要素1ミリもなし!

 

キャラ設定も第1話のあらすじもさ……

え??? もうこれオリジナルドラマじゃん。

ホームズの名前を出す意味があるの???

 

なんでオリジナルドラマじゃダメだったのか切実に心の底から疑問。

おディーン様()の海外古典文学シリーズによほどしたかったのか?

でもそもそもアレ、今作があったから私が勝手にシリーズ化してるだけで

ホントはシリーズでもなんでもないよな……?

 

いやしかし、まさかここまでホームズ要素皆無だとは思わなかったわ……。

今までは、

「正典が原作なら正典っぽいタイトルつけろ、SHERLOCKと同じタイトルにすんな」

ってスタンスできたけど、もうそれ以前の問題だよな……。

シャーロック・ホームズっていう作品の名前出さなくていいよホント。マジで。

 

あとさ、他のドラマってここまで服装とか外見設定に言及しない気がするんだけど

どうだろう。やたら服装の話してこない? 白衣がどうとかスカーフがどうとか。

結局、二人とも俳優じゃないし顔キャスティングなわけじゃん? 

おディーン様()は演技微妙って話も聞くし。外見しか推すところがないんだろうな。

ミーハー女が見てくれるんじゃないの? よかったね。

 

でもそういうチャラいポップなドラマのくせして、

脚本家はテレ朝とかWOWOWでお堅めなドラマ書いてる人なのは何故なの。

いや、有名な人だけれども。

 

しかしオリジナルドラマだからもはやどうでもいいとはいえ、

この寄せる気すらない名前もじりなんとかならないのか?

あらすじ読んでて「若宮って誰だっけ……?」ってなったわ!

うん、まあオリジナルドラマだからね。そういうオリキャラなんだよ。うん。

シャーロック(笑)さんもな……獅子雄……。一度見たら忘れないよな、この字面。

 

というか西谷監督で音楽は菅野さんなんでしょ、コレ。

二人とも好きなのに嫌いになっちゃうからやめてくれ。

ガリレオ好きだし、映画も「容疑者Xの献身」とか「アマルフィ 女神の報酬」とか

大好きだし……。なんかガッカリだなー。

 

なにはともあれ、

タ イ ト ル を 変 え ろ

……もとい

ホ ー ム ズ の 名 前 を 出 す の を や め ろ

 

これでスタッフロールに

”原作 コナン・ドイルシャーロック・ホームズの冒険

とか書かれた日には……。フジテレビ、正気か!?

続・例の月9ドラマに思うこと

本日21時よりDlifeにてSHERLOCK放送ですよ。悠紗です。

 

今日を乗り越えればSHERLOCKが見れる!と、意気揚々と出掛けました。

 

そして「よっしゃー! SHERLOCKだー」と帰宅

 

……あれ? TLが騒がしい……

 

例の月9! 貴様! よりにもよって今日か! 今日なのか!!

 

それがこちら↓

news.mynavi.jp

 

えっ……ええっ……なんやこれ……(困惑)

 

TL遡る前はですね、「絶対ぶち切れ案件やろなー。許すまじ」って思ってたんですよ。

画像見た瞬間、怒りより困惑でした。なんやこれ。

ガッカリだよ。ホームズとはなんだったのか。

 

現代版に寄せてるとか言ってる人もいたけど、

それよりなにより、なんか……安っぽくない……? ていうかダサくない……?

漂うクソドラマ感。

 

太田Pのコメントも……こいつ原作読んでんのかな感。

(読んでたらゴメンナサイ)

 

あとは名前。IQ246はセンスあった。やっぱ日曜劇場だよな。

内容もセンスあったよね。こっちもあれぐらいのホームズ要素でいいのに。

というかあれは別にホームズものとはいえないと思うけども。

 

まあ前作と前々作が

ジャン・ヴァルジャン→馬場純(ばば じゅん)

エドモン・ダンテス→柴門暖(さいもん だん)

だからな。推して知るべしですよ。

もじりじゃなくて雰囲気だけ寄せてるんでしょ。

……馬場純はまあまあわからんでもないけど、

柴門の”さい”ってどっから出てきたんですかね?

土門でいいじゃん。

 

それにしたって、過去2作は曲がりなりにも雰囲気は近いじゃん。

でも、今回は

シャーロック・ホームズ→誉獅子雄(ほまれ ししお)

ジョン・ワトソン→若宮潤一(わかみや じゅんいち)

って……寄せる努力すら放棄してますやん。

 

名前もじりですらないとか、それでオリジナルストーリーなんだったら、

それはもはやただの一話完結オリジナルドラマなのでは? 

キャラはホームズとワトソンだ!とかいうのかもしれないけど、

ホームズとワトソンっぽいキャラのバディものミステリなんて

巷に溢れてるわけで。

 

 

あのビジュアル見てるだけで笑いが込み上げてくる。シャーロック(笑)

怒ってたの馬鹿らしくなってくるわ。

金田一耕助っぽいって言ってる人がいたけど、言えてる。

というかもう金田一耕助の現代版にすればよくね?

 

なんか気が抜けてきたなー。

でもタイトルだけは絶 対 に 許 さ な い。

例の月9ドラマに思うこと

9月2日からDlifeでSHERLOCK放送開始だよ~。 これを機にみんな見ようぜ! 

どうも、小埜花悠紗です。

月曜9時! 月曜9時ですよ~!

うん? 月曜9時といえば、フジテレビ系月9ドラマ……

月9……SHERLOCK……うっ、頭が……っ。

 

www.oricon.co.jp

 

発表時にひとしきりTwitterで暴れたからここでは絶対許せないことを一つだけ。

 

タ イ ト ル を 変 え ろ

 

Twitterでもファンの方のブログでもキレてる人があまりいないのがすごく不思議。

みんな冷静だな。無関心なだけかもしれんが。

私なんかキレすぎてココに書くってことすら失念しておりました。

ひとり、Twitterで至極真っ当な主張をしていた方がいたけど、

あまりリツイート伸びてなかったし。何なのみんな、なんであれを許しておけるの?

 

私としてはドラマやること自体は別に何ともない。

モンテクリスト伯」と「レ・ミゼラブル」に続いて

シリーズ化しようとしてんだか知らないけど、

「ふ~ん、その流れで次はこれなんだ~」って感じ。まあ愉快なことではないが。

 

ただ! タイトル! ロゴ!

SHERLOCKに喧嘩売ってんのか!?!?

よりにもよって同じにします? 余程自信があるのか?

 

この時点で怒髪冠を衝くって感じですけど、これが放送直前とかになったら

ネプリーグとかに「シャーロックチーム」とかいって出るんだろ?

もう、想像しただけで腸が煮えくり返る。

今はまだ怒りを抑えられてるけど、音声で聞いたらホントにもう……。

辛うじてカタカナにして区別してても、音だけだったら一緒じゃんか……。

 

去年のSUIT/スーツみたく、権利買ったリメイクだったらわかるよ。

それだったらタイトル同じなのは納得いく。というかそりゃそうだ。

でもね、そうじゃないのに同じタイトルっていうのは解せない。

 

発表された時、Twitterじゃ「リメイクなのかなんなのか」って大騒ぎで、

その後、リメイクじゃないって記事が出たじゃないですか。

あれもなんか……ネットメディアの記事ひとつじゃなくて、

公式サイトに書くなりなんなりしないと、もはや騙してるのと一緒だよ。

 

ちなみにこの記事です。

www.j-cast.com

 

それもそれで、正典を原案とするって主張したいなら

せめてホームズって呼ばないと筋が通らないだろうが。

それでワトソンはワトソンなんだからさあ……舐めてるの?

……ミス・シャーロックもそうだって? そんなものはもう知らん。

 

誤解を招くようなことするなよ。

ちょっとサブタイトルなりなんなり入れればいい話じゃないか。

現に過去2作(「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」、

レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」)はサブタイトルついてるじゃん。

というかさ、この流れできたら「シャーロック・ホームズ 何々」か

シャーロック・ホームズの冒険 何々」になるでしょ。

もう、「シャーロック・ホームズ 終わりなき旅路」でいいんじゃないかな……。

 

ホントに純粋に心の底から疑問なんだけど、

なんでサブタイトルをつけない? BBC版と同じにして何になるの?

 

検索エンジンで”シャーロック”ってカタカナで検索すると、

出てくるのって最近のニュースのところ以外、BBC版なんですよ。

放送開始したら変わるかもしれないけど、

それでもBBC版の方が検索結果上位に入るんじゃないかな。

それってフジにとっても損じゃない?

これでフジの方が上なのを目撃してしまったら絶対キレるが。

 

しかし、Dlifeも粋なこと……いや、皮肉なことするよな。10月から丸被りじゃん。

当然、私はSHERLOCK見ますよ。BDBOX持ってるけど。

 

タイトルの話とずれるけど、いつになったら役名公表するんだろう……。

過去2作は全員日本人にしてたから、

ミス・シャーロックみたいに名乗ってるだけ系にするわけじゃないだろうし。

モンクリの時はいつ発表してたっけ……?

私、海外ロケかロックハート城みたいな海外風ロケでディーン・フジオカ

エドモン・ダンテスを名乗るんだって思ってて、

舞台ならともかくドラマでそれは……なかなか滑稽だなって思ってた。

 

蛇足の蛇足ですけど、レストレードを蔵さんがやるって記事にあった、

「一見、常識人な医師でありながら、内に秘めたる闇を持つ“ワトソン”」

に物凄く引っ掛かりを覚える。

BBC版だけではないのかもだけど、

最近の映像作品に引っ張られてるのが丸わかりだよな。

というか全体的に人物紹介から漂うコレジャナイ感半端ない……。

”犯罪衝動”抱えた危険な男? アナタ原作読みました?

モンクリとレミゼもそうなのかな……。原作なにそれおいしいの?状態。

もういい加減にしてほしい。

 

そして最後にもう一度。

タ イ ト ル を 変 え ろ

魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~(秋著/電撃文庫刊)

久しぶりにラノベを読みました。小埜花悠紗です。

今回紹介するのはこちら。

 

魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~

人を、精霊を、神々すらも滅ぼしながら、延々と続く闘争に飽き、平和な世の中を夢見て転生した暴虐の魔王アノス。しかし二千年後、転生した彼を待っていたのは平槇に慣れて弱くなりすぎた子孫たちと、衰退を極めた魔法の数々だった。魔王の生まれ変わりと目される者を集めた“魔王学院”に入学したアノスだが、学院は彼の力を見抜けず不適合者の烙印を押す始末。誰からも格下と侮られる中、ただひとり親身になってくれる少女ミーシャを配下に加え、不適合者(魔王)が魔族のヒエラルキーを駆け上がる!!「小説家になろう」発の話題作、待望の文庫化!!

 

なろうを電撃文庫から発売するって聞いたときは、

「遂に電撃もなろうに魂売り渡したか……」って思ったものです。

魔法科高校の劣等生1作だけならともかく、

2作目が出てくるとなるとこれからどんどん出てくるのかなって。

そのために”電撃の新文芸”ができたんだろうけど。

……しかし言いづらいよな、電撃の新文芸。もっといいレーベル名なかったのか。

 

電撃なら凡百のなろうと違って、”読める”ものを出してくると信じて読みました!

 

が!

 

やっぱりなろうじゃん!

 

でも……。

 

これの何がすごいって、紛うことなき、なろうなの。

現実世界からではないけど、転生して俺TEEE。

文章も描写もキャラも話も薄い。

それなのにどこか電撃文庫なの。

ダンジョンに潜り始めるところとか

中盤の展開は特に電撃文庫読んでる感あったな。

最終選考の拾い上げとか言われても信じられる。

 

でも本当にすごいのは電撃文庫かもしれない。

自分のレーベルのことをちゃんとわかってる。

あの星の数ほどある同じような異世界なろう小説から、

レーベルのカラーにあった作品を見つけられるんだぞ。

これってすごいことじゃない?

MFJとかファンタジアだってそんなことちゃんと考えてるとは思うけども。

 

しかし、書籍化したなろうが劣等生(学校では実力が測りきれない)と

不適合者(学校では実力が測りきれない)なのちょっと笑える。

 

あとこのプッシュの仕方、直にアニメ化しますよきっと。

 

屍人荘の殺人 今村 昌弘・著

初めて推しが死んだ。悠紗です。

 

本日紹介するのはこちら。

 

屍人荘の殺人 今村 昌弘

 神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と会長の明智恭介は、曰くつきの映画研究部の夏合宿に加わるため、同じ大学の探偵少女、剣崎比留子と共にペンション紫湛荘を訪ねた。合宿一日目の夜、映研のメンバーたちと肝試しに出かけるが、想像しえなかった事態に遭遇し紫湛荘に立て籠もりを余儀なくされる。緊張と混乱の一夜が明け―。部員の一人が密室で惨殺死体となって発見される。しかしそれは連続殺人の幕開けに過ぎなかった…!!究極の絶望の淵で、葉村は、明智は、そして比留子は、生き残り謎を解き明かせるか?!奇想と本格ミステリが見事に融合する選考委員大絶賛の第27回鮎川哲也賞受賞作! 

 

既にいろいろなところで紹介されてるとは思いますが。

今回だけはマジで、事前情報なしで読んでほしいので
未読の人は即刻Uターンだ!!

 

 

 

 

Uターンしたかい?

いいね?

 

 

 

 

<ここからネタバレ注意>


明智さん!!!! 明智さーーーん!!
「主人公といいコンビじゃん。次の巻でもこのコンビと真・探偵役の比留子さんのトリオでやっていくんだろうな~」って思ってたのに!!


お気に入りキャラが序盤で退場したの初めてなんですが!
犯人も言ってたけど、人として死んで、それからゾンビとして死ぬから2度死ぬんだよ……。
ゾンビに取り込まれた時よりも、ゾンビとして逃げる主人公の前に現れた時の方が辛かった。やめてーーーって言いながら目を逸らしてしまった。辛い。泣きたい。今思い出しても吐きそう。


まさかゾンビサバイバルになるなんて露ほど思ってなかったし……クローズドサークルだと思ってたし。クローズドサークルでこの手の面白キャラ死なないでしょ? 主人公サイドだし。
死にそうか死ななそうかでお気に入りキャラ決めないけどさ、

結果的に死ななそうな(主人公サイドの)キャラを好きになりがちだから。

 

進藤&星川カップルも結構、心にきましたよね……。

被害者を救いようのないクズに書こうと思えば全然書けるのに、

敢えてそう書かず同情の余地を残してるのが上手いよな。

 

ここからは内容の話。
本格ミステリなんだけど非現実要素があるって聞いてたから、

折れた竜骨みたいなファンタジーな感じか特殊能力とかそんな感じなのかなって思ってたのね。

それでゾンビが出てきたときはかなり面喰いましたけど、

ゾンビが殺したとしか思えない遺体と人間がやったとしか思えないメッセージ

っていうのはワクワクした。……解決編はちょっと拍子抜けだったけど……。

あと序盤のキャラの覚えにくさと比留子さんの名前覚え講座がな……あんまりな……。

事前情報で期待値MAXだったからかもだけど、

そんな言うほど傑作か? ってところはある。もうひと押し感。

 

これ映画化するんですよね。割とゾンビ映画強めになりそう……どうなんだろ。

あなたが泣くまで踏むのをやめない!&あなたが踏むまで泣くのをやめない!!(御影瑛路著/電撃文庫刊)

「利他的なマリー」を読んでから御影瑛路特集を開催中。悠紗です。

今回紹介するのはこちら。

 

あなたが泣くまで踏むのをやめない!

現状を報告しよう。 俺は自分の部屋で、四つん這いになり、小学生女子(9歳、名前はアリス。ちなみに胸は皆無)の人間椅子になっていた。しかも、あろうことかお尻をペンペンされていた。ガツンと言うつもりが、むしろ俺がしつけられていた。何この現実? 高飛車小学生の馬乗りプレイのせいで、自己紹介すらままならない。亭主関白系男子であるはずの俺が、なぜか捕食系ドS幼女と一緒に住むことに。詳しくは、本編を読んでくれ。

そしてその続編。

あなたが踏むまで泣くのをやめない!!

ある日、クラスメイト(で可愛くて俺の女神でそして巨乳)のチョコちゃんに、一緒に部活見学をして欲しいと誘われた。なぜか我が家に居候し続けるドS幼女も連れて向かった先は『ポジティ部』。ゴクリ…。嫌な予感しかしねぇ。案の定、その部活はポジティブどころか、頭のネジが外れたネガティブなやつらの集まりで…。しかも『リア充耐性』をつける活動だとか言ってる。残念系乙女なチョコちゃんのトラウマを克服するため、亭主関白系男子の俺が立ち上がる…!波瀾万丈の第二弾。

 

なんで御影瑛路特集で真っ先に紹介するのがこれなんだよ、と思わなくもないですが。

「どうせ段々雲行きが怪しくなってきて最後はいつもの御影さんなんだろ?」

とか思っていた時期が私にもありました。

御影さん、ギャグもいけるじゃん! むしろもっと書いてほしいよ!

ラノベ読んでて吹き出しちゃったの、「緋弾のアリア」以来だよ!

 

でも表紙とタイトルだけで単なる萌えギャクラノベだと思ってはいけない。

やっぱり御影瑛路さんは御影瑛路さんです。唸らせますよね。

 

それはともかくとして今回ブログで紹介しようと思ったのは、

2巻で先輩のとあるセリフに共感を覚えたからなのです。

いいんです、自分メモ代わりのブログなのです。 

リア充はボクらが一人でいると、一応は気を遣って話しかけてくれるのに、

あいつらはそれさえしてくれないんだ。(略)

勇気を出して話しかけたら、嫌がりはしないけど、露骨に戸惑うんだ。(略)」P73-74

めっちゃ覚えがある! そうなんだよ!

そう考えるとリア充の方が付き合いやすいのかもしれないよね。

グループワークで、誰も他の人に何も話しかけないグループになったことあるけど、

あれはそういうことだったのね……

 

でも御影さんで1番好きな作品は「空ろな箱と零のマリア」です。

最終巻が特に好きなんだけど、

何言ってもネタバレになりそうで何も言えないのがツライ。

違う作者だけど、「付喪堂骨董店」も大好きです。

こっちも最終巻が特に好きなんだけど、同様にネタバレになるから何も言えない……。この2シリーズは事前情報なしで読んでほしい。

 

全然関係ないけど、ガガガ文庫の「クイックロード&セーブ」って作品の雰囲気が

ちょっと御影さんっぽくて面白かった。