流浪の民の読書手帖

しがないラノベ読みによるブログ

ようこそ実力至上主義の教室へ 7 (衣笠彰吾著/MF文庫J刊)

台風だけど7巻買ってきた。

まずはあらすじから。

2学期も終了間近の12月半ば、Dクラスを裏で操る存在Xの特定のため、Cクラス龍園の執拗な調査が開始された。高円寺までもが疑いの対象となり、ターゲットが絞られる中、ついに龍園の魔の手は軽井沢恵に迫り……。そのような状況で清隆は唐突に茶柱先生に呼び止められる。珍しく弱気な表情の茶柱が案内した先にいたのは――「既に退学届は用意させてある。校長とも話がついている。後はおまえがイエスと言えばそれで終わりだ」「あんたの命令が絶対だったのはホワイトルームの中での話だろ。あの部屋はもうない。命令を聞く必要もない」退学を迫る清隆の父親、そして学校の理事長から、秘められた高度育成高等学校のシステムが語られ――!?

 「――物語はいよいよクライマックス!」とか続きそうなあらすじですが、

まだまだ続くらしいです。

 

今回は龍園ボッコ回。

清隆くんに手玉に取られまくる龍園さんェ……。

 

でもさすがは清隆さん。

戦闘シーンめっちゃよかったわー。……作者の描写力はともかく。

「この場にいる4人だけじゃ、オレを止められない」とか

5巻最後の対・坂柳のこういうこと惜しげもなく言っちゃうのがこの作品の魅力だよね

あと地の文だけど、「こいつは何をいってるんだろうな。」のところ好き。怖い。

あとあとホワイトルーム時代とか高校入学前の話とかやってくれるのかな?

というかやってくれよ

前半部分の対・お父さんのところとか坂柳父娘とかはまだまだこれからだろうなー。

茶柱先生は……なんか応援したくなっちゃうなあ……。

清隆さんに負けず頑張ってほしい。

 

打算あってのこととはいえ、軽井沢を見捨てるほど外道じゃなくて安心したよ!

それぐらい外道でも全然好きだけど! そういう清隆さんも見たいけど!

 

電撃文庫 秋の祭典  新情報!

本日、秋葉原で行われた電撃文庫 秋の祭典。

「遂に来たか……っ!」な発表がたくさんありましたのでご紹介します。

 

まず1つ目!

dengekionline.com

劇場版の最後で思わせぶりなのあったからね。

今年中にはワンチャンあるかなとは思ってた。

 

9巻から18巻の10冊分。SAOと同じくアニプレでやったデュラ2期みたく

分割3クールにしたらいいんじゃないかね。

4,3,3でいい感じじゃない?

とにかく18巻は丁寧にやってほしい。1番泣けたからなあ。

 

2つ目はこちら!

dengekionline.com

キノから時雨沢作品のアニメ化続くね。

銃知識が濃すぎて最初しか読んでないからこれを機にちゃんと読みます。

 

ところでレン役の声優さん、17歳とか……。ひえー。

 

そして最後に……。

dengekionline.com

正直もうやらないと思ってた。……それか新約1巻から新しくやるとかかなーと。

いやまさか、ねえ? 散々あんな、やるだのやらないだの言ってて、

ホントにやるなんて……。言葉が出ないよ。

 

これで3期やった電撃文庫アニメはシャナに続いてSAO、禁書で3作目ですね

 

2期までで13巻までやったから14巻から22巻で9冊分やるのかな?

SAOより1冊少ないぞ! 

 

 

今回の秋の祭典、近年稀にみる楽しさだった。

まさかずっと言われてた禁書3期とSAOアリシアニメ化が来るとは……。

 

でも禁書にしろSAOにしろキノにしろ、

これからアニメやる作品みんな古参作品なんだよなあ。

新作も育てていかないと将来性に欠けると思うんだけど。

緋弾のアリア 26(赤松中学著/MF文庫J刊)

お久しぶりでございます。ユーさです。

本日はもうすぐ発売? の緋弾のアリア 26巻のご紹介。

まずはあらすじから。

東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵――通称『武偵』を育成する特殊な学校。強襲科の超エリートでSランクの最強武偵・アリアのパートナーに選ばれてしまった(普段は)ただの一般人・遠山キンジ。武偵高を退学させられ帯銃許可を失う危機に陥ったキンジだが、そこには法の抜け穴があった。武偵企業を設立し、社長になれば武偵免許が保持できるのだ。『遠山武偵事務所』を開業したキンジは、社員となった役立たずの中空知美咲と2人、プロ武偵の業界に渦巻く金と暴力の嵐に立ち向かう。ビジネスの世界でも不可能を可能にすべく奮闘するキンジだったが、そこに『N』の美しくも危険な刺客が迫り……? 大スケールアクション&ラブコメディー第26弾!

 

一体いつまでやる気なんだ……このシリーズ

とか思いつつもとりあえず30巻までは買おうと決めたので。

でも今回結構笑えた。クロメーテルさんの時の地の文好き。

 

ああ、スペックそのままでいいから目が覚めたら武偵校の生徒になってないかなー。

って常々思ってるけど、でも大人の武偵って大変なんだなあということがわかった。

そんな巻。……やってること饅頭屋だけどさ。

 

思えば今まで普通の武偵の武偵校卒業後の話しってあんまり語られなかったからね。

学園ラブコメだから間違ってはいない。

……もうここまで来ると学園? って感じだけど。

東京武偵校大好きだから東京武偵校の話もして欲しい。スピンオフでもいいのよ……。

 

で、今回のヒロイン・中空知。表紙の子。

そして、正ヒロイン氏はセリフが3つしかなかった。

中空知、初登場は早かったけど、まさかここにきてメイン回が来るとは思わなった。

やっぱり初期勢はいいね。

 

最後の最後に、まーた変な妹キャラが来たけどジーサード&ジーフォースが苦手な私に耐えられるのだろうか……。

アニメ ようこそ実力至上主義の教室へ

よう実アニメ、1巻部分3話まで終わったので感想をば。

 

初見の方はまず櫛田さんに驚かれたであろう3話。

いい目してましたね~ でも何か嫌いになれないんだよね

あと清隆くんの目も時々怖いよね。だがそこがいい。

 

まあ多分真っ先に言われるのは主人公の声だと思うけど、

是非ラジオの2回目を聴いて欲しいですね。

監督たち的には清隆くんの声はこういう解釈ってことだったんだろう。

そのオーダーによくここまで答えられたものだなあと。これはこれですごいよね。

3巻の本気モードがどうなるのか楽しみすぎる。

 

でも、

1話で冒頭でがっかり→見てるうちにこれはこれでいいんじゃないかと思い始める→

一週間経つ→2話冒頭でがっかり→見てるうちに(ry→一週間経つ→3話(ry

ってな感じで最後まで慣れる気がしません。

 

なんにせよ、実況界隈では評判今一つでホント悲しいです……。

面白いのに……。

 

ノーゲーム・ノーライフ ゼロ 見てきた!!

 

思ってたより原作通りだった。もっと原作を補完していくのかと思ってた。

というか、勝手にニーナも出るものだと勘違いしてたからさ、

短編の話も足すのかと早合点

……いや、ゆかちがニーナやるのかと思ってて……

 

  • マナーCMかわいい。で、のっけから奇声を上げていく松岡くん。
  • 絵がきれい。特に背景SUGEEEE
  • シュヴィとジブリールの戦闘すごい。動く動く。
  • 映像ももちろんだけど音もいい! さすが映画。 
  • シュヴィは冒頭の無機質声かやのんとぷくっとしてる顔が可愛かった。
  • リクはもうね、松岡くん流石でした。叫びとか苦悩する場面とかホントすごい。

 

前売り券特典のラジオの肝臓くん聴いて思ったんだけど、

藤原竜也みあるよね松岡くんって。

「俺が……俺でなくなる……っ」のところとか「カイジかな?」って感じだし。

 

まあそれはともかく、6000年前の過去編ということで

TVシリーズ見てなくても原作読んでなくても楽しめるので、

是非映画館で見てほしいですね。

自称Fランクのお兄さまがゲームで評価される学園の頂点に君臨するそうですよ? (三河ごーすと著/MF文庫J)

まさかの一ヵ月ぶり!

2巻が発売されるので今回紹介するのはこちら

 

自称Fランクのお兄さまがゲームで評価される学園の頂点に君臨するそうですよ?

学業、運動、家柄、あらゆる分野のエリートだけを集めた日本最高峰の名門校・獅子王学園。だがその実態は、ゲームの結果ですべてが評価される弱肉強食の学園。絶対的な強者―獅子のみが生き残れる修羅の世界だった。裏世界のゲームで常勝無敗の伝説を残しながらも、面倒のない普通の人生を歩みたい主人公・砕城紅蓮は、入学試験で手を抜き、目論見通り最低位のFランクに認定される。しかし兄を心から愛する血の繋がった妹・砕城可憐と再会し、事態は急変。そして学園の『悪意』が可憐を襲ったとき、紅蓮は真の実力を発揮する―!(自称)Fランクの紅蓮が並み居る強敵を屈服させる、学園ゲーム系頭脳バトル開幕!

 

ノゲノラ+よう実+賭ケグルイ

 

タイトルから想像するような魔法科要素はあまりありませんが、

BGM代わりに魔法科のサントラが脳内再生された。何故だ。

 

しかしこの獅子王学園、百花王学園が子どもに見えるえげつなさ。

最近のMFは攻めてるね。いいぞ、もっとやれ。

 

作られた最強とか能力を隠した主人公とか大好物で主人公の描写には痺れたんですが、

如何せんゲーム部分が弱いかなあと。

ルールがシンプルなゲーム2つにチェスだもんな……

それはそれでいいんだけど、

もう少しルールが複雑で頭脳バトルって感じのものにしたほうが、

相手を破る時にもっとアッと驚く仕掛けを施せそう。

続編には期待ですね。

 

とはいえ全体としては面白かったので、

特に主人公が隠された実力で勝っていくのが好きな人は是非。

俺TEEEだなんだって言われるけど、やっぱりこういうのって爽快感あっていいよね。

 

就活生に勧める 就活小説5選!

先日、犬と魔法のファンタジーを紹介しましたが、

他にも一般レーベルでいろいろ読んだのでそっちの紹介します

紹介っていうか感想?

 

  1. 犬と魔法のファンタジー (田中ロミオ著/ガガガ文庫刊)
  2. これは前回紹介したので割愛。これが文句なしに一番面白かった。
  3. 何者 (朝井リョウ著/新潮文庫刊)
  4. 実写映画化。直木賞。意識高い系の世界はわかりませんなあ(棒)
  5. 格闘する者に○ (三浦しをん著/新潮文庫刊)
  6. この中で一番古い。こいつらホントに内定もらえたのか?
  7. ワタクシハ (羽田圭介著/講談社文庫刊)
  8. 何者の拓人くんもアレだったけど、この主人公が一番不快だった。オモロー氏とのGDヤバイ。
  9. シューカツ! (石田衣良著/文春文庫刊)
  10. 女の子が主人公なのはこれと格闘する者に○のみ。2人とも素朴な出版社志望でほほえましかった。でもって講談社が嫌いになった。

 

 個人的に本当に勧められるのは犬と魔法のファンタジーだけでしたが、

みなさんも読んでみては? ではでは。