流浪の民の読書手帖

しがないラノベ読みによるブログ

緋弾のアリア 25(赤松中学著/MF文庫J刊)

やっと発売日!!

 

緋弾のアリア 25

東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵―通称『武偵』を育成する特殊な学校。強襲科の超エリートでSランクの最強武偵・アリアのパートナーに選ばれてしまった(普段は)ただの一般人・遠山キンジ。“可能を不可能にする女”ネモ達『N』は、世界を分断と戦乱の暗黒時代に戻そうと企み、その魔手は既に人類を蝕みつつある。ネモとNのリーダー・モリアーティ教授の戦力によって、シャーロック、ベレッタは斃れた。新しく生まれ変わった拳銃に怒りの弾を込め、キンジは未来を取り戻すためアリアと永遠の都ローマに立つ!大スケールアクション&ラブコメディー第25弾!

 

いやー、ついに25冊。とある魔術の禁書目録と並んで完結するか不安なシリーズ。でも全巻買ってる。

赤松さんもネタがなくなるまで続ける!(意訳)と言っていたので、正直完結とかないんじゃないかと思ってる。でも買ってる。

ま、30巻まではついていこうかなと。面白いですしね。ていうか、どんどん面白くなってきてますしね。

 

ものすごくラストのシーンの話をしたいのですが、ガッツリネタバレなのでそこは置いておいて。

ここからしばらくは打倒Nで話が進むんでしょうが、緋弾のアリア始まったなという印象でした。

今でも「5巻からが本番」とか「13巻からが本番」とか「21巻からが本番」とか言われてきた緋弾のアリアだったけど、

今度こそ25巻(ローマ前編の24巻か)からが本番なんじゃないかと思った。

これが最終決戦で30巻ぐらいでキレイに完結したら言うことなしなんですけどね。

 

ベレッタちゃんいいヒロインだった。