流浪の民の読書手帖

しがないラノベ読みによるブログ

ロクでなし魔術講師と追想日誌(羊太郎著/富士見ファンタジア文庫刊)

1巻も読み終わりましたので書きます。

 

ロクでなし魔術講師と追想日誌

 アルザーノ帝国魔術学院には、生徒もあきれるほどの一人のロクでなし魔術講師がいた。男の名はグレン=レーダス。授業では、蛇で女生徒たちを怖がらせて遊ぶも、その蛇に頭を噛みつかれたり…。図書館で失踪した女生徒の救助へ向かうも、怪異に怯えて、破壊呪文で図書館を吹き飛ばそうとしたり…。授業参観で珍しく真面目に授業をしようとするも、すぐにボロが出てしまう…そんな、ロクでなしな学園の日々。グレンの師であり育ての親セリカ=アルフォネアとの衝撃の出会いが綴られる『ロクでなし』シリーズ初の短編集!

 

というわけで短編集第一段 。ほぼ書き下ろしの過去編目当てだったんですけど……

グレン先生はホント壮絶な半生を送ってますよね。

Fate/zeroの切嗣とかグリザイアの風見雄二とか、幼少期目が死んでて女師匠に拾われて殺し屋に育っていく……みたいなの大好きです。

 

で、ギャグの方は流石のファンタジア文庫

授業参観回のセリカ笑ったわ。いいキャラしてるよね、セリカ

あと、システィのために薬草を取りに行く大天使ルミアちゃん。

ルミアちゃん優しいしコミュ力高いしおっぱい大きいし、いい娘すぎるよな。