流浪の民の読書手帖

しがないラノベ読みによるブログ

新大学生必読!? 犬と魔法のファンタジー(田中ロミオ著/ガガガ文庫刊)

本日紹介するのはこち

 

犬と魔法のファンタジー

 

先日、「なれる!SE」を紹介したので、こちらも紹介します。

まずはあらすじから。

 かつて、偉大な始祖文明が大地に栄えていた。
だが滅びた。
かつて、剣と冒険と神秘の時代があった。
だが廃れた。
現在、『新大陸』はとても平和である。

未踏の地を夢見て、若者たちが冒険の旅に出たのも、今は昔。冒険なんて、時代遅れもいいところ。今の若者の夢は、無事に就職すること。
主人公・チタンは一生安泰の宮廷務めを目指し就職活動中。しかし、なかなか採用されず苦戦続きでやさぐれていた。
そんなチタンの前に現れ、冒険という悪の道に誘う中年男・ケントマ。しかし、今時、冒険者など流行らない。食べていけない。
冒険者の才能がある、としつこく誘うケントマから逃げ回るチタンだったが……。

さえない大男、あまり美しくないエルフ、そして一匹の白い犬が織りなす「ファンタジー世界」の青春とは?

 

そもそもあんまり流行っているジャンルではない就活小説を

ライトノベルでやってみた的小説。

人類は衰退しました。」などでお馴染みの著者は田中ロミオ

 

就活小説って検索しても朝井リョウの「何者」ばかり紹介されてて、

折角いい小説あるのにもったいないなあと思った次第です。

 

異世界風の就活用語パロディが笑えます。

でもそれだけじゃなくて、

みんなに流されて就活するんじゃなくてしっかり将来のこと考えなければならない、

そんな小説です。

……読んだのがだいぶ前なんでふわっとした感想で申し訳ありません。

 

 就活に疲れたら読んでみてください。

ますます疲れるかもしれないけど(笑)