流浪の民の読書手帖

しがないラノベ読みによるブログ

就活生に勧める 就活小説5選!

先日、犬と魔法のファンタジーを紹介しましたが、

他にも一般レーベルでいろいろ読んだのでそっちの紹介します

紹介っていうか感想?

 

  1. 犬と魔法のファンタジー (田中ロミオ著/ガガガ文庫刊)
  2. これは前回紹介したので割愛。これが文句なしに一番面白かった。
  3. 何者 (朝井リョウ著/新潮文庫刊)
  4. 実写映画化。直木賞。意識高い系の世界はわかりませんなあ(棒)
  5. 格闘する者に○ (三浦しをん著/新潮文庫刊)
  6. この中で一番古い。こいつらホントに内定もらえたのか?
  7. ワタクシハ (羽田圭介著/講談社文庫刊)
  8. 何者の拓人くんもアレだったけど、この主人公が一番不快だった。オモロー氏とのGDヤバイ。
  9. シューカツ! (石田衣良著/文春文庫刊)
  10. 女の子が主人公なのはこれと格闘する者に○のみ。2人とも素朴な出版社志望でほほえましかった。でもって講談社が嫌いになった。

 

 個人的に本当に勧められるのは犬と魔法のファンタジーだけでしたが、

みなさんも読んでみては? ではでは。