流浪の民の読書手帖

しがないラノベ読みによるブログ

緋弾のアリア 26(赤松中学著/MF文庫J刊)

お久しぶりでございます。ユーさです。

本日はもうすぐ発売? の緋弾のアリア 26巻のご紹介。

まずはあらすじから。

東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵――通称『武偵』を育成する特殊な学校。強襲科の超エリートでSランクの最強武偵・アリアのパートナーに選ばれてしまった(普段は)ただの一般人・遠山キンジ。武偵高を退学させられ帯銃許可を失う危機に陥ったキンジだが、そこには法の抜け穴があった。武偵企業を設立し、社長になれば武偵免許が保持できるのだ。『遠山武偵事務所』を開業したキンジは、社員となった役立たずの中空知美咲と2人、プロ武偵の業界に渦巻く金と暴力の嵐に立ち向かう。ビジネスの世界でも不可能を可能にすべく奮闘するキンジだったが、そこに『N』の美しくも危険な刺客が迫り……? 大スケールアクション&ラブコメディー第26弾!

 

一体いつまでやる気なんだ……このシリーズ

とか思いつつもとりあえず30巻までは買おうと決めたので。

でも今回結構笑えた。クロメーテルさんの時の地の文好き。

 

ああ、スペックそのままでいいから目が覚めたら武偵校の生徒になってないかなー。

って常々思ってるけど、でも大人の武偵って大変なんだなあということがわかった。

そんな巻。……やってること饅頭屋だけどさ。

 

思えば今まで普通の武偵の武偵校卒業後の話しってあんまり語られなかったからね。

学園ラブコメだから間違ってはいない。

……もうここまで来ると学園? って感じだけど。

東京武偵校大好きだから東京武偵校の話もして欲しい。スピンオフでもいいのよ……。

 

で、今回のヒロイン・中空知。表紙の子。

そして、正ヒロイン氏はセリフが3つしかなかった。

中空知、初登場は早かったけど、まさかここにきてメイン回が来るとは思わなった。

やっぱり初期勢はいいね。

 

最後の最後に、まーた変な妹キャラが来たけどジーサード&ジーフォースが苦手な私に耐えられるのだろうか……。