流浪の民の読書手帖

しがないラノベ読みによるブログ

ようこそ実力至上主義の教室へ 7 (衣笠彰吾著/MF文庫J刊)

台風だけど7巻買ってきた。

まずはあらすじから。

2学期も終了間近の12月半ば、Dクラスを裏で操る存在Xの特定のため、Cクラス龍園の執拗な調査が開始された。高円寺までもが疑いの対象となり、ターゲットが絞られる中、ついに龍園の魔の手は軽井沢恵に迫り……。そのような状況で清隆は唐突に茶柱先生に呼び止められる。珍しく弱気な表情の茶柱が案内した先にいたのは――「既に退学届は用意させてある。校長とも話がついている。後はおまえがイエスと言えばそれで終わりだ」「あんたの命令が絶対だったのはホワイトルームの中での話だろ。あの部屋はもうない。命令を聞く必要もない」退学を迫る清隆の父親、そして学校の理事長から、秘められた高度育成高等学校のシステムが語られ――!?

 「――物語はいよいよクライマックス!」とか続きそうなあらすじですが、

まだまだ続くらしいです。

 

今回は龍園ボッコ回。

清隆くんに手玉に取られまくる龍園さんェ……。

 

でもさすがは清隆さん。

戦闘シーンめっちゃよかったわー。……作者の描写力はともかく。

「この場にいる4人だけじゃ、オレを止められない」とか

5巻最後の対・坂柳のこういうこと惜しげもなく言っちゃうのがこの作品の魅力だよね

あと地の文だけど、「こいつは何をいってるんだろうな。」のところ好き。怖い。

あとあとホワイトルーム時代とか高校入学前の話とかやってくれるのかな?

というかやってくれよ

前半部分の対・お父さんのところとか坂柳父娘とかはまだまだこれからだろうなー。

茶柱先生は……なんか応援したくなっちゃうなあ……。

清隆さんに負けず頑張ってほしい。

 

打算あってのこととはいえ、軽井沢を見捨てるほど外道じゃなくて安心したよ!

それぐらい外道でも全然好きだけど! そういう清隆さんも見たいけど!