流浪の民の読書手帖

しがないラノベ読みによるブログ

タタの魔法使い(うーぱー著/電撃文庫刊)

第24回電撃大賞 大賞受賞作

ここ数年は受賞作は読むようにしているので遅くなりましたが読みました。

まずはあらすじから。

 

2015年7月22日12時20分。弘橋高校1年A組の教室に異世界の魔法使いを名乗る謎の女性、タタが突如出現した。後に童話になぞらえ「ハメルンの笛吹事件」と呼ばれるようになった公立高校消失事件の発端である。「私は、この学校にいる全ての人の願いを叶えることにしました」魔法使いの宣言により、中学校の卒業文集に書かれた全校生徒の「将来の夢」が全て実現。あらゆる願いが叶った世界―しかしそれは、やがて犠牲者200名超を出すことになるサバイバルの幕開けだった。第24回電撃小説大賞にて“大賞”を受賞した、迫真の異世界ドキュメント。

 正直イマイチでした。

今年は大賞以外もなんか小粒感否めないんだよなあ……。

 

まあそういう年もあるか。

 

 姉のヒアリングによるドキュメンタリー形式っていう点は百歩譲っていいとしても、

当事者じゃないから臨場感がないっていうのはどうなんだろうね。

タタの登場シーンとか異世界に飛ばされたシーンとかいろいろとアッサリしすぎだし。

 

P20に”異世界に来たと実感したものはごく少数だった。”ってあるのはまあいい。

でも次の”軍人の存在を訝しむより先に、自分の願いも叶ったのかと~”っていうのが

納得いかない。

教室に現れた時、「これから願いを叶えます」ってひとこと言っただけなのに

異世界行ったらすぐ、願いが云々言ってるのはなんなの。

もっと他に言うことあるでしょ。

異世界に来たと実感したものは少数だったのに、

タタがサラッと言った一言よく本気にしたな。

 

あとこれ中学の卒業文集に「将来の夢」として書く内容じゃないよね?

「もし願いが1つだけ叶うなら?」とかそういうやつだよね?

ラストの願いを捨てろってやつもselector infected WIXOSSみたいな

もっと悲壮感溢れるシリアス展開になるのかと思ったらめっちゃアッサリ。

 

キャラが多すぎる・クローズアップされるキャラがころころ変わるっていうのは

バトル・ロワイヤルみたいで割と嫌いじゃないけど、

みんながみんな名前が普通すぎて覚えにくかった。

ていうかバトル・ロワイヤルは1クラスだからな……

学校全体でやられると結構ツライものあるよね。

 

前回、前々回と良作が続いてたからがっかりだったなー。

なんかこう……ひとことで言うと釈然としない小説だった。