流浪の民のオタク道

しがないラノベ読みによるブログ

私がシャーロック・ホームズ沼に落ちるまで<後編>

前回、まさかの前後編。やっと表題の件までいける! 悠紗です。

 

前置きなしに前回の続き。

2013年以降の私は好きな作品の系統がわかってきたことで洗練され、

アニメ視聴本数も年間30本前後に落ち着いて来ました。

声オタとしても初年度の暴走機関車っぷりからは脱却し、落ち着きが芽生えました。

この年は神谷さんの誕生日にケーキ作ったり生まれて初めてファンレターを出したり、Twitterによくいる声オタでしたね。

 

でも情熱はいつか醒める。

いつ醒めたかは定かではない、というか段々と気が付いたら醒めてたんだろうけども。

おそらく私の好きな作品の系統と推しの出演作品に乖離があったんだろうな。

女性人気がある声優は女性向け作品に多く出演する。

しかし私はラノベアニメとかどちらかといえば男性向け作品が好きなんだ。

「私、なんでこの人好きだったんだろう……?」

DGSは相変わらず聴いてたけど、ハマりたての頃のように情報を漏らさず入手し

追いかけるってことはなくなった。

 

極めつけは2016年の週刊誌に載ったアレ。私の心に深い傷を落とした。

とりあえず週刊誌は滅びろ。

……とはいえ「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出たときは嬉しかったです。

やっぱり好きなんだよな。最初の情熱がなくても。

オタク青春時代を駆け抜けた人なわけだし、嫌いにも無関心にもなれませんよ。

 

しかし相変わらずアニメは見ていた2017年。

2017年は深夜アニメの映画が多かったですよね。

その中の一つに、 黒執事 Book of the Atlantic がありました。

黒執事は前から好きで何度かプチブームが来てたんですが

映画でまた来ちゃった。マイブームが。

そりゃCGはちょっとアレでしたけど、戦闘シーン最高だし

セバスチャンの瞳の演出とか監督ありがと~~~~ってな感じですよ、ええ。

 

何故かそこからイギリスの執事とかメイドとか館とか紅茶とかに興味を持ち始め、

図書館に行き書物を読み漁った。(村上リコさんいいよね)

 

そして運命の作品との出会いが。(2度目)

時は2017年12月26日、

Fate/Grand Orderの2部序が配信された。

シャーロック・ホームズの存在はもちろん1.5部の頃から知ってたし、

顔がいい、のはわかるけどちょーっと苦手かな~ぐらいの感想は持ってた。

今思うと男性キャラの顔になにかしらのコメントしたこと自体初めてだったので

その時既に何か思うところがあったのかもしれない。

そして2部序。1月の黒執事のせいですっかりイギリス好きと化していた私は気づいた。

「あれ? そういえばシャーロック・ホームズってイギリスの作品だったよな。

ていうか前になんか流行ってたドラマあったよな……??」

そう、それがSHERLOCKだったのです。

 

SHERLOCKはシーズン2の予告をテレビで見て、

「なんか話題になってんなー」って思ったのが存在を認知した最初だった。

その時、そんな面白いなら見ようかなって一瞬思ったんだよね。あの時見てればなー。

 で、その後、STがSHERLOCKパクリ……もといオマージュした演出をしてると聞いた。

その時もまだ「ああ~。あの流行ってた海外ドラマね~」ぐらいの認識だったし、

海外ドラマや洋画を見る習慣が壊滅的になかったのでやはり見るまでには至らなかった。

……でもシーズン2の予告見たときは録画しようかなってわりと強めに思ったんだよな。なんで見なかったんだろうな、あの時。何故かこの時のことはよく覚えてるし。

 

話を戻して2017年。遂にSHERLOCKを見た。

これがもう! すっっっごい!! 面白い!! 

 

ここ語りだすと長くなるから2018年編ということで分けようかな。うん、分けよう。